伊丹教会 日曜学校の案内

伊丹教会のトップページへ戻る

お問い合わせ

子どもたちのための集会

日曜学校

私たちの願いは、子どもたちに本当の価値を知ってもらうこと

子どもたちは神様に愛されている存在です
子どもたちにわかる言葉で、聖書のお話をお伝えしています。

今、社会や学校では子どもたちを取り巻く環境に、厳しさが増しています。「自分の居場所はどこにもない。自分なんか、いてもいなくても同じ」と感じ、自分本来の居場所や自分の本当の価値を見失ってしまう子どもたちも多くいます。

そのような中で、わたしたちは、聖書を通じ、子どもたちひとりひとりが、個性や能力は違っても「神さまに愛されている存在、かけがえのない神さまの宝物である」ことに気付いて欲しいと祈り願いながら、毎週日曜日朝9時から、日曜学校をおこなっています。

主な活動内容

日曜学校誰でも参加できます

日曜学校は毎週日曜日 午前9時から

毎週日曜日 午前9:00~10:00

幼稚園から中高生までの子どもたちが共に教会につどい、さんびかを歌い、聖書のおはなしを聞いて、礼拝しています。礼拝のあと、学年ごとのクラス(分級)があります。分級の時間に誕生会をすることもあります。

年間行事みんなと過ごそう

キャンプや福祉施設への訪問、クリスマス宿会など

関西学院千刈キャンプ場でおこなわれる夏のキャンプ、老人福祉施設への訪問、クリスマス祝会など季節ごとに様々な行事も催します。

一つ一つの行事を通じ、共に神様に愛されている仲間であることに気付いて欲しいと願っています。

午後の日曜学校プログラム

午後の日曜学校プログラム

朝9時からの日曜学校にはなかなか参加できないけれど、いつも教会には来てくれている小さいお友だちにも日曜学校の恵みに与ってもらいたい、いつもの日曜学校では思いっきりできないことにも挑戦してみたい、などの願いから、午後の日曜学校プログラムを始めました。

原則として月1回(第2日曜日の午後)賛美とアートセラピー的な活動を中心としたプログラムを行っています。

らみい物語に接しよう

絵本の読み聞かせ(毎月4,5冊)聖書紙芝居や手遊び

毎月第1土曜日 午前10:00~12:00

子どもたちのために絵本の読み聞かせ(毎月4,5冊)や聖書紙芝居、手遊び、楽しい工作などを行っています。

らみいの活動内容を見る