教会ではなぜクリスマスを祝うのですか?

日本キリスト改革派 伊丹教会のトップページへ戻る

お問い合わせ

『ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』

ルカによる福音書15章18,19節

教会ではなぜクリスマスを祝うのですか?

キリスト教会ではなぜクリスマスを祝うのですか?

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日だからです。

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日です。12月25日にこれを祝うと定めたのは4世紀のことですが、実際にキリストがお生まれになった日は定かでありません。でも、一年で最も夜が長いこの季節を過ぎると、少しずつ日が長くなります。闇に満ちた人々の世界に、救い主がお生まれになり、光をもたらしてくださったことを私たちは喜び祝うのです。

「高い所からあけぼのの光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの歩みを平和の道に導く」(聖書)

そのほかの質問

答えが見つからないときは

このQandAの中に、あなたの求めている答えは見つかりましたか?

求めている答えが見つからなかった場合は、問い合わせフォームを使用して、お問い合わせください。